HOME » 知って得する建設会社の選び方 » 実際に問い合わせてみる

実際に問い合わせてみる

インターネットを利用するのも良いと思いますが、気になる部分や不明点があったら実際に建設会社に問い合わせてみましょう。話していくうちに見えてくるものがたくさんあるはず。パンフレットを取り寄せて家族で検討するのもオススメです。

行動を起こした人ほど良い家に巡り会える!

インターネットで検索して良さそうな建設会社を探したり、口コミなどを検証してみるのもいいでしょう。ただ、建設会社や担当者との相性もあります。できるだけ実際に問い合わせをしてみるといいと思います。

展示場やオープンハウス、見学会などを利用するのもいいでしょう。理想の家のイメージが固まりやすくなったり、知らなかった最新の設備を知ることもできます。実際、展示場を訪れて「感じがよかったから」「予算が抑えられることがわかったから」といった理由で建設会社を選定している人も少なくありません

建設会社からパンフレットを取り寄せる

パソコンやスマホで家や建設会社をチェックするのも良いと思いますが、気になった家が見つかったならパンフレットなどを取り寄せるのもオススメです。パソコンでは流し読みしてしまう情報も、印刷物ならじっくり見ることができるからです。一緒に読むことで自分だけでなく家族の意見が聞きやすくなるのもメリットです。

一言で「耐震」「断熱」といっても、様々な工法があります。パンフレットにはより詳しく説明が載っているので、最新の工法についても理解が深まるでしょう。内装なども家を建てたときの参考になるはずです。

建設会社を訪れてみる

建設会社のカウンターを訪れるのもいいと思います。担当者との相性はどうしてもありますが、会社の雰囲気もある程度つかめるからです。仲介カウンターなどで様々な家を見せてもらうのもいいでしょう。

家のイメージがはっきり固まっている場合は、数社で見積もりを出してもらいましょう。イメージが固まっていなくても行動を起こしてみることで理想の家が見えてきます。すぐに決める必要はないので、ある程度時間をかけて良い建設会社を選んでほしいと思います。

おすすめ会社評判見る

毎週のように打ち合わせを重ねましたが楽しかった!すごい回数だったと思います。デザインコーディネーターによるパース図はこちらのイメージ通りでした。機会があれば次もサカエ建設に任せたいです!

生活しやすいようにと、家具の配置や動線に至るまできめ細かく提案してくれました。母との同居スペースには母のためのミニキッチンを設置。来客が多いのでプライベートを守れる間取りも気に入っています。